イマークSでコレステロールは低下するのか?

イマークSでコレステロールは低下する?天苑由来成分とその効果を紹介

 

 イマークSでコレステロールは低下するのでしょうか?

 

飲むと週間で中性脂肪に働くというイマークS、コレステロールの低下にも働くのでしょうか?

 

ネットを検索しているとコレステロールとの関連に興味を持たれている方が多いことが分かりました。

 

このサイトではそんな疑問にお答えします。

 

イマークSにコレステロールに働く成分はある?

イマークSには天然の魚由来のEPAとDHAがメインの成分です。

 

イマークSの主成分であるDHAとEPAを摂取し続けるとカラダに次のような変化があることが報告されています。

 

・ 中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部である記憶力、注意力、判断力、空間認識力を維持する

 

・ 中性脂肪を下げる

 

・ 血液ををサラサラにし、コレステロールの値を下げ、善玉コレステロールを増やす

 

・ 脳細胞を柔らかくし、情報の伝達性をよくさせるとともに細胞を活性化させ、学習機能を向上させる

 

実に様々な効果が報告されており、EPA・DHAは注目の成分です。

 

 コレステロールを低下に働く成分は含まれている

 

ニッスイのイマークS、初回限定で10本1,000円+送料無料!

 

生活習慣病を防ぐための推奨のDHA・EPAの摂取量

LDL(悪玉)コレステロールが高くなると、皆さんもご存知の通りカラダに悪い影響が出てきます。

 

高コレステロールの状態が継続すると動脈硬化を起こし、狭心症や心筋梗塞を発症しやすくなることが証明されています(日本動脈硬化学会)。

 

そうならないために、ご自身の為、ご家族の為に高コレステロールの状態を放置せずに対策をしっかりとりましょう。

 

LDLコレステロールを低下させるためには、肉食中心の食事から野菜、魚中心の日本食に変えるとよいとされています。

 

食の欧米化が進み、日本の食事は野菜・魚中心から肉が中心になってきました。

 

それに伴い、日本人には過去にあまり見られなかった狭心症や心筋梗塞を発症が増加しつつあります。

 

では、EPA・DPAは1日にどのくらいの量を摂取しなければいけないのでしょうか?

 

 

イマークSでコレステロールは低下するのか?成分とその効果を説明厚生労働省 日本人の食事摂取基準

 

厚生労働省によると1日のEPA・DHAの摂取基準は900mmg、およそ1gです。

 

 動脈硬化などの生活習慣病を防ぐには1日のEPA・DHAの摂取が必要

 

 

イマークSのEPA・DHAの含有量は多いのか?

イマークSはEPA・DHAの含有量は多いのでしょうか?

 

EPA・DHAを含む代表的なサプリを調べてみました。

 

メーカ名 サプリ名 EPA含油量 1日分(mg) DHA含有量 1日分(mg) EPA+DHA含有量1日分(mg)
サントリー DHA&EPA+セサミンEX 100 300 400
アサヒ 青魚DHA 100 500 600
大正製薬 大正DHA 200 400 600
DHC EPA 350 80 430
ニッスイ イマークS 600 260 860

 

上の表から分かる通り、イマークSはEPAとDHAの含有量は一番多いことが分かります。

 

さらに注目することがあります。

 

それはEPAの含有量です。

 

コレステロールの低下に働くのはEPAとDHAとどちらかというとEPAということは知られています。

 

EPAの含有量に注目するとイマークSは他の代表的なサプリに比べて圧倒的に多いことが分かります。

 

 イマークSはEPAを圧倒的に多くで含むサプリ

 

中性脂肪を低下させるトクホのサプリと知られるイマークS、コレステロールの低下にも魅力的な成分を含むサプリであることが分かりました。

 

気付いている方はいましたか?

 

 

 

 

 

最安値1000円もちろん送料無料でイマークSを購入