イマークSは買ってはいけないのは発がん性があるから?

イマークSを買ってはいけないのは発がん性があるから?

毎日1本、4週間飲み続けると中性脂肪が低下するイマークS。

 

消費者庁から中性脂肪を低下させる効果があるとして特別健康用食品、トクホに認定されているサプリです。

 

そんなイマークS、GoogleでイマークSと検索すると発がんと関連キーワードが出てきます。

 

 

イマークSは買ってはいけない?発がん性がある?

 

ちょっと気になりませんか?

 

健康が良くするために飲むサプリなのに、発がんとはどういうことなのでしょう?

 

 はたしてイマークSには発がん性があるのでしょうか?

 

このサイトではそんな疑問にお答えします。

 

イマークSの主成分DHAとEPAに発がん性がある?

イマークSの主成分はDHAとEPAです。

 

特に青魚に含まれ、カラダに良いということは知られています。

 

DHAには、血管や赤血球を柔らかくする作用があり、EPAには、血小板凝集を抑制する作用があります。

 

そのことにより血液がサラサラになり、血行改善効果が期待できます。

 

また、肝臓で合成される中性脂肪を抑制する作用があり、コレステロール・中性脂肪を血管に運ぶリポタンパク質の量を抑える作用もあります。

 

そのことから血中のコレステロール値・中性脂肪値を下げる効果も期待できます。

 

DHAとEPAの効果はカラダに良いことばかりだというイメージがあります。

 

この成分は摂取しすぎると発がん性があるということなのでしょうか?

 

 

DHAとEPAの摂取量は1日どれくらいに抑えると良いのでしょうか?

DHAとEPAは1日にどれくらいとればいいのでしょうか?

 

厚生労働省よると健康的なカラダを維持するのに必要な1日のEPAおよびDHAの摂取量は合計で900mgです。

 

それに対し日本人の平均摂取量は454mgで約50%の450mgが不足しています。

 

DHAおよびEPAをサプリで450mg補えれば十分なのですが、1日の摂取量が3000mgを超えると副作用が生じると言われています。

 

DHAやEPAを取りすぎるとどんな副作用が出てくるのでしょうか?

DHAおよびEPAを1日に3000mg以上摂取すると副作用が生じると言われています。

 

一体どんな副作用が生じるのでしょうか?

 

DHAおよびEPAを摂りすぎると次のような副作用がでてきます。

 

・ 吐き気

 

・ お腹が緩くなる

 

・ 出血が止まりにくくなる

 

DHAおよびEPAは血液をサラサラにする働きがありますが、大量に摂取して効きすぎると逆に働いてしまうということです。

 

副作用について調べてきましたが、発がん性について書かれている記事はありませんでした。

 

イマークSと検索するとなぜ発がんと関連キーワードが表示される?

イマークSの主成分のDHAとEPAには発がん性は無いのに、イマークSを検索すると発がんと関連キーワードがなぜ出てくるのでしょうか?

 

実は悪い効果で発がんというキーワードが関連しているのではありません。

 

逆に、カラダに良い効果の1つとして関連しています。

 

DHAとEPAの摂取には様々なカラダに嬉しい効果が期待されています。

 

・ 中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部である記憶力、注意力、判断力、空間認識力を維持する

 

・ 中性脂肪を下げる

 

・ 血液ををサラサラにし、コレステロールの値を下げ、善玉コレステロールを増やす

 

・ 脳細胞を柔らかくし、情報の伝達性をよくさせるとともに細胞を活性化させ、学習機能を向上させる

 

というように実に様々なカラダに良い効果が報告されています。

 

その内のカラダに好ましい効果の一つとして、発がんを抑える効果があるとして注目され始めています。

 

イマークSと検索して、関連キーワードに発がんが出てくるのは、発がん性があるというワケではありません。

 

逆に、がんを抑える効果があるとして注目されているから関連キーワードで出てくるということです。

 

そのことからイマークSは発がん性の心配はありません。

 

イマークSが今ならネット申し込みで1000円

ヒトにとって欠かせない成分DHA・EPAをたくさん含むイマークSですが今ならネット申し込みでお試しで飲むことができます。

 

イマーク10本、通常か価格3,000円のところ71%OFFの1,000円でお試しすることができます。

 

もちろん、送料無料です。

 

さらに今なら次回購入時用に半額券が付いてきます。

 

ニッスイのイマークS、初回限定で10本1,000円+送料無料!

 

 

イマークSは買ってはいけない?発がん性がある?

 

 

ニッスイのイマークS、初回限定で10本1,000円+送料無料!

 

イマークSに発がん性はある?のまとめ

イマークSに発がん性はある?をまとめると次のようになります。

 

イマークSを検索すると「発がん」が関連キーワードで表示される

 

イマークSに発がん性があるというワケではない

 

主成分の一つのEPAにがんを抑える効果が確認されている為、関連キーワードに出てくる

 

EPAはヒトの健康に今注目の成分