ラクトフェリンにはどんな効果があるのか?

ラクトフェリンにはどんな効果があるの?

ラクトフェリン」 最近よくテレビでも取り上げられます。

 

又、スーパーなどでもラクトフェリンを含んだ商品をよく見かけます。

 

ラクトフェリンは食べ物の中にも微量に含まれますが、一番たくさん含まれるのは母乳や牛乳です。

 

「赤ちゃんの為だけの成分?」と聞かれるとそうではありません。

 

サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売 実は大人にとっても大変ありがたい成分なのです。

 

誰でもみんな赤ちゃんの時からお世話になっているラクトフェリンの効果をご説明いたします。

 

ラクトフェリンってなに?

ラクトフェリンは「乳」に含まれる「鉄と結合しやすい糖タンパク質」

「ラクトフェリン」という成分なんて聞いたことないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は意外と身近にあります。

 

最近では、スーパーのベビー用品や乳製品売り場でも見かけるようになりました。

 

このラクトフェリンはもともと牛乳から発見された成分です。

 

現在では研究が進み牛乳、乳製品の他、母乳にも含まれていることが分かっています。

 

母乳に多く含まれていることから赤ちゃんにとって非常に重要な成分であることも解明されています。

 

その為「育児ミルク」にも配合される傾向にありベビー用品売り場で見かけるようになってきました。

 

又、ラクトフェリンは免疫力UP・内脂肪減少・整腸などの効果が期待でき大人にとっても嬉しい成分です。

 

ヨーグルトの乳製品などにもラクトフェリン入りと表示されたものが乳製品売り場で見かけられます。

 

サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売 ただし、乳製品に関してはラクトフェリンの明確な効果を期待する場合は、含有量や大人の腸までどれくらい届くのかを調査して購入することをお勧めいたします。

 

ラクトフェリンはカラダの中でどんな働きをするの?

善玉菌を増やし悪玉菌をやっつけるラクトフェリン

ラクトフェリンには、私たちのカラダにとって良い反応を起こす善玉菌を増やし、悪い反応を起こす悪玉菌を抑制します。

 

ヒトの腸内には、約100種類、100〜1000兆個の細菌が住んでいるといわれています。

 

ビフィズス菌などの善玉菌と、ウェルシュ菌などの悪玉菌が絶えず勢力範囲を争っています。

 

乳児では、腸内の善玉菌が90%を占めていますが、年齢とともにその数は減少するそうです。

 

ラクトフェリンを始めとするタンパク質は、体の中で細菌と出会うたびに、さまざまな反応を起こしています。

 

ラクトフェリンは、出会った菌が善玉菌か悪玉菌かによって反応の仕方を変えます。

 

食中毒などの原因となるウェルシュ菌、大腸菌などと出会うと増殖に必要な鉄を奪い取り増殖を抑える働きをします。

 

逆に、ラクトフェリンにはビフィズス菌などの善玉菌を増やす効果が確認されています。

 

ラクトフェリンは体内に入ると、消化酵素と反応したものは「ラクトフェリシン」と呼ばれる物質に変化しさらに善玉菌を増やしていきます。

 

その働きはラクフェトリンより数十倍から数百倍の強さと言われています。

 

ラクトフェリンはそのラクトフェリシンをどんどん増やしていきます。

 

ラクトフェリンの効果は?

@免疫活性
ラクトフェリンの摂取により、ウイルスに感染した細胞などを攻撃する免疫細胞の1つである「NK細胞」が増え、活性化することが確認されています。

 

サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売
出典:森永乳業ラクトフェリン研究所

 

 

また、ラクトフェリンを毎日摂ることで、ノロウイルスによる感染性胃腸炎にかかりにくくなるということが確認されています。

サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売 サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売

●摂取内容:ラクトフェリン200mgまたは600mg/日
●対象者:保育園・幼稚園職員335名
●試験内容:対象者をランダムに、ラクトフェリン200mgまたは600mg摂取群・プラセボ摂取群(ラクトフェリンを摂取していない群)に分け、期間中の感染症の発症等を日誌に記録してもらい比較
●摂取期間:12週間
(水木ら、ラクトフェリン2017)

●調査時期:2013年3月
●調査内容:ラクトフェリン配合乳製品を定期購入している人に、摂取頻度、及び2012年秋〜2013年3月の間のノロウイルス胃腸炎と疑われる症状で医療機関を受診した際の医師の診断内容を調査(グラフの数値は医師にノロウイルス胃腸炎、またはノロウイルス胃腸炎の疑いありと診断された人の割合)
●対象人数:157名

 

●調査機関:森永乳業(株) (若林ら J Infect Chemother., 2014から作図)

出典:森永乳業ラクトフェリン研究所

 

 

さらに、「サルモネラ菌」をはじめとする食中毒菌の増殖抑制が確認され、下痢や嘔吐などの症状緩和が期待されています。

 

サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売

 

内容:培養開始前にラクトフェリンを培地に添加したものと、添加していないものにそれぞれサルモネラの菌液を塗布。培養して位相差型光学顕微鏡で観察した約3時間後の画像。(出典:森永乳業,2015)

 

 

A腸内細菌叢改善作用
腸内には善玉菌と悪玉菌が共存しています。

 

しかし、加齢やストレスによって善玉菌が減り悪玉菌が増えることで、腸内細菌層のバランスが乱れ、体調が崩れる原因になります。

 

マウスに牛乳だけを与えて飼育すると、マウスの糞便中の大腸菌は通常の飼料で飼育した場合と比べて約100倍に増加しました。

 

一方、ラクトフェリンを2%添加した牛乳の場合は、添加しない牛乳に比べて有意に抑制されました。

 

 

また、善玉菌が増えることで硬い便が柔らかくなることが知られていますが、サンスター(株)はヒト臨床試験により2週間以上ラクトフェリンを摂取することで硬い便が軟化する結果を得ています。
サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売
(出典:サンスター)

ラクトフェリンは何に含まれる?

ラクトフェリンはヒトの母乳にいっぱい含まれる

母乳には赤ちゃんに免疫力や抵抗力を与え、健康で丈夫なカラダにする働きがあります。

 

ラクトフェリンは、母乳にもっとも多く含まれることが分かっています。
・母乳:1〜mg/ml

 

生まれてすぐの赤ちゃんは免疫力も抵抗力もとても弱い存在です。

 

その赤ちゃんが初めて口にするのは母乳です。

 

お母さんの母乳を飲むことで、免疫力や抵抗力を得て元気に丈夫に育っていきます。

 

ラクトフェリンを含む食品は?

乳幼児は母乳からラクトフェリンを得ることができますが、それ以外のお子様や大人は何からラクフェトミンを摂取すればよいかというとそれは牛乳や乳製品です。

 

牛乳の含有量を見ると、およそ100mlの牛乳には、20mg程度含まれています。

 

また、さまざまな乳製品にラクトフェリンは含まれています。

 

しかしラクトフェリンはタンパク質ですから「熱に弱い」という特徴があります。

 

65℃以上で加熱すると別のものに変わってしまいます。

 

例えば、卵の白味もタンパク質ですが加熱するとどんどん白くなって構造が変わってしまいます。

 

ラクトフェリンも同じで加工の過程で熱を加える乳製品では、タンパク質が壊れてしまうためラクトフェリンの含有量はほとんど無くなってしまいます。

 

サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売 乳製品などからラクトフェリンを摂るときは、加熱加工をしていないものを選ぶようにしましょう。

 

ラクトフェリンを多く含む食品

乳製品の中でも65℃ 30分以上の加熱処理をしないヨーグルトやナチュラルチーズなどには多く含まれています。

 

例えば、ナチュラルチーズの場合、100g中に300mg程度。

 

また、「ラクトフェリンを添加したヨーグルト」という食品もあります。

 

ラクトフェリンはそもそも、牛乳から分離された上澄み液(ホエイといいます)から抽出されますので、ヨーグルトなどに後からラクトフェリンを追加することもできるのです。

 

あるヨーグルトには、1つの製品(112g)中、100mgのラクトフェリンが含まれているものもあります。

 

ラクトフェリンは1日にどれくらい摂取すればよいの?

ラクトフェリンの効果が有為的に現われるように摂取するのが目的の場合、摂取目標は150〜300mg/日です。

 

期待する効果によって摂取の目安は違ってきます。

 

多くのヒト臨床試験では「150〜300mg/日のラクトフェリンを腸に届けること」によって効果を確認しています。

 

ここで注意したいのは、大人の場合、大抵の食品に含まれるラクトフェリンはほとんどが胃で消化されてしまうということです。

 

つまり腸まで届きません。

 

既述の例で挙げますとナチュラルチーズ100gに300mgのラクトフェリンが含まれると説明しましたが、ほとんどは胃で消化されてしまいます。

 

スーパーなどで見られるラクトフェリン入りヨーグルトなどの乳製品なども同様で含まれるラクトフェリンはほとんど腸まで届きません。

 

効果的にラクトフェリンを腸まで届けるのに最適なのはサプリです。

 

しかし、サプリを選ぶに際にも注意が必要です。

 

サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売 ラクトフェリンは腸まで届かないと効果が得られないのでサプリのカプセルに胃で溶けないように工夫をしているものを選ぶようにしましょう。

 

ラクトフェリンで健やかな生活を

ラクトフェリンで、体の内側から元気に

人間の腸管には、非常に多くの細菌が住んでいます。

 

菌種ごとにまとまり腸管の内側の壁にびっしりと張り付いています。

 

腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼ばれ実際に腸内にすんでいる細菌は100兆から1000兆個、重さにして1〜2Kgほどあります。

 

腸内フローラを構成する細菌の種類はその働きから大きく3つに分けられます。

 

増えることでヒトのカラダを守るように働く善玉菌、増えすぎるとカラダに悪影響を与える悪玉菌、状況によってどちらかの見方をする、どっちつかずの日和見菌(ひよりみきん)です。

 

ヒトのカラダにとっては、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが2:1:7で腸内フローラが形成されると良いとされています。

 

しかし、生活環境の乱れやストレス、食事内容、加齢などによってこのバランスは日々変化しています。

 

長く健康に過ごしていくためには、腸内フローラのバランスを上手く維持していくことが必要です。

 

長い研究と商品実用化の実績の結果、ラクトフェリンにはいくつかの善玉菌を増やす効果があることが分かっています。

 

ラクトフェリンは考えるタンパク質とも言われており、善玉菌と出会えば繁殖を助け、悪玉菌と出会うと繁殖を抑える、というように出会う菌で反応を変える賢い成分です。

 

サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売 このようにラクトフェリンは善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが理想の2:1:7に近づくように働いてくれます。

 

大人である私たち、ラクトフェリンはこうやって摂ろう

オトナである私たちは、母乳からラクトフェリンを摂るわけにはいきませんので、ラクトフェリンを多く含む食品から、その成分を摂ることになります。

 

しかし前述のように、ラクトフェリンは熱に弱い成分です。

 

牛乳やナチュラルチーズ、ラクトフェリンを添加したヨーグルトなどから、ラクトフェリンを摂る必要があります。

 

また、ラクトフェリンは毎日少しずつ摂ることが良いとされていますので、毎朝朝食でヨーグルトを食べるというように習慣をつけることが好ましいです。

 

摂りすぎると良くないヒト

ラクトフェリンは、元は牛乳や母乳に含まれる成分ですから、人や動物の体にとって悪い影響を与えることは考えにくい成分ではあります。

 

例えば、内閣府の食費安全委員会が公表している資料では、2,000mg/kg体重/日、例えば体重50Kgの人なら100,000mg(100g)くらいまでは、1日のうちで摂取しても毒性はないとされています。

 

ナチュラルチーズ(100gに100mgのラクトフェリンを含む)で考えると100Kg食べないとラクトフェリンによる悪影響は出てきません。

 

ただし、中には一時的に不調を感じる方もいらっしゃいます。

 

ラクトフェリンは、腸内での細菌が占める割合を良い方に変えるため、大腸での水分の吸収量が変わります。

 

ラクトフェリンを一気にとるとそれだけ善玉菌のビフィズス菌が増え、ビフィズス菌の整腸機能から腸内の水分量が増えます。

 

便秘気味だった方は腸内の水分量が増え、便がなめらかになり便秘がひどかった分だけ一気に外に出ようとし、下痢っぽくなったと感じる方もいらっしゃいます。

 

この下痢っぽさは善玉菌のビフィズス菌の調整機能の1つの為、腸内が綺麗になれば収まります。

 

サンスター, ラクトフェリンS,副作用,お試し,楽天,口コミ,販売 このような症状が出たら腸内菌のバランスが整い始めた合図です。

 

また、加熱殺菌しない牛乳やナチュラルチーズなどでお腹の調子が変わる人は、いきなりたくさんのラクトフェリンを摂るのではなく少し試すことから始め不調を感じないように少しずつ増やしていきましょう。

 

1日の推奨摂取量は特に決まっているわけではありませんが、ラクトフェリンの効果を引き出すための最小量は、1日あたり150〜300r程度であるといわれています。